カテゴリ新着記事一覧

2009年11月23日

2009年11月19日発売のゲームソフト

2009年11月19日発売のゲームソフト
■DS
【その他】モンスターファインダー(※本商品は、ニンテンドーDSi専用です) 特典オリジナルDSiポーチ付きソフト情報まとめ
【アドベンチャー】あこがれガールズコレクション ラブリーようちえん日記ソフト情報まとめ
【RPG】Wizardry ~生命の楔~(Amazon.co.jp限定販売)ソフト情報まとめ
【アドベンチャー】ムーミン谷のおくりものソフト情報まとめ
【スポーツ】マリオ&ソニック AT バンクーバーオリンピックソフト情報まとめ
【野球】ドラベース2 熱闘ウルトラスタジアム 特典熱闘ウルトラポーチ付きソフト情報まとめ


■PSP
【情報・生活】みんなのナビ
【アクションアドベンチャー】ジャックXダクスター エルフとイタチの大冒険ソフト情報まとめ
【ロボットアクション】アーマード・コア サイレントライン ポータブルソフト情報まとめ


■Wii
【シミュレーション】サバイバルキッズWii コナミ・ザ・ベスト【廉価版】
【バラエティ】ファミリーチャレンジWii(マット同梱版)ソフト情報まとめ
【バラエティ】ファミリーチャレンジWii(単品版)ソフト情報まとめ
【ホラー】CALLING ~黒き着信~ソフト情報まとめ
【アクション】メタルファイト ベイブレードガチンコスタジアム(レアベイブレード同梱)ソフト情報まとめ
【リズムアクション】太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!(専用太鼓コントローラ「太鼓とバチ」同梱)ソフト情報まとめ
【リズムアクション】太鼓の達人Wii ドドーンと2代目!(ソフト単品版)ソフト情報まとめ


■PS3
【アクション】ラチェット&クランク FUTURE(フューチャー)2ソフト情報まとめ


■PS2
【囲碁】世界最強銀星囲碁講座ソフト情報まとめ


■Xbox360
【FPS】レフト 4 デッド 2【CEROレーティング「Z」】ソフト情報まとめ
posted by ゲームギーク at 11:04 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

「J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 6 Pride of J」プレイリポート!

 11月12日発売のJ.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 6 Pride of Jのプレイリポートお届けします。シリーズ最新作として発売前から期待されていましたが、実際のところはどうなんだろうか?と思っていましたが、シリーズ最高とまではいかないまでも、新しいサカつくとして、十分楽しめる作品に仕上がっていました。

●実在のJクラブで楽しめる
 これまでの作品ではオリジナルのクラブでJリーグを戦っていましたが、今回は既存のJクラブでも楽しめるようになりました。選手同士のイベントも多く発生するので、この選手とこの選手が!てきな楽しみ方もできますね。また、プレイ開始時の設定で「年齢をランダム」にすることができるので、運次第で19歳の小笠原満男と契約してスタート!なんてこともできるので、育成の楽しみも味わうことができますよ。

●ゲーム進行のテンポが改善された
 メディアインストールすることで、従来のシリーズで不評だった、ロードの長さ・多さを改善することに成功しています。また、日程進行の設定次第ではサクサク時間を進めることが可能です。

●メニューが簡素化された
 従来のシリーズではオフィス、クラブハウス、練習場など、画面を切り替えて、さらにメニューを選択するというシステムで、項目が多かったんです。今作では、人事、練習、スケジュール、施設、情報、設定・終了にまとめられ、一覧することが可能になっています。ビギナーでも迷うことは少ないでしょう。

●サポーターが重要なゲームに
 ホームゲームの試合の内容によって、サポーターが増減するというシステムになりました。スタジアムの施設やプロモーションをあわせて行うことで、よりサポーターを増やせるようになります。
 サポーターが増えないと試合の観客が増えないので、収入が増えないんですね。また、試合中にサポーターが応援してくれることがあり、これによって試合が有利に運ぶようになりました。とにかく「サポーターとの関係が密接になった」という印象を受けました。

●初心者からシリーズファンまで楽しめるバランス
 従来の作品通り、序盤はきついバランスです。施設の設置など、やれることは多く、シリーズファンでも楽しめる内容は保たれています。一方で、施設維持費の廃止、全体練習を設定する必要が無いなど、煩わしい要素を排除しているで、わかりやすくなったと思います。
 チームの強化、選手の育成、資金集め、サポーターの確保などの要素がうまく絡んでいるので、シリーズのおもしろさは十分堪能できます。このシリーズをプレイしたことがない人には是非遊んでもらいたいですね。


(Amazon)J.LEAGUE プロサッカークラブをつくろう! 6 Pride of J
posted by ゲームギーク at 06:16 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年11月05日

「アポなしギャルズ お・り・ん・ぽ・す」〜ニュ−タイプのギャルゲーとは?〜


B000069SUOアポなしギャルズ おりんぽす
ヒューマン 1996-10-25

by G-Tools


■けっこう人気だったらしい
 今回は「アポなしギャルズお・り・ん・ぽ・す」というゲームの話。1996年に発売されたソフトで、パッケージには「ニュータイプのギャルゲー登場」と書かれています。当時はそこそこ売れたみたいです。かないみかさんなど、当時の人気声優を起用していたというのもその理由でしょう。なんと!攻略本も発売されていますよ。

■迷いが無いね
 ギャルゲーということで、物語の中で妹などの女性と出会うのですが、ここで気になることが一つ。「選択肢が無い」こと・・。つまりひたすら一本道のストーリーということですね。じゃあどうやって女の子を攻略するの?という話になるわけですが答えは簡単。ストーリーで登場する女の子は「攻略できない」から。なるほど、どうかしているニュータイプのギャルゲーの誕生ですね。

■「アポなし」でも怒ったりしない
 ここまで書いたところで、じゃあ人気声優の方々は何をしているのか?という疑問を持つと思います。ここでこのゲーム独自のシステム「アポなし召喚バトル」の解説をしましょうね。
 このバトル、敵もプレイヤーも女の子の絵が描かれた4枚のカードをランダムに配られます。その後、時間がルーレットするので止めます。そこで2時とか16時半とかの時刻が決定。プレイヤーが召喚する女の子はそれぞれ自分の生活をしていますので、午前2時とかに女子高生を召喚すると寝てたりします。ここが「アポなし」たる所以。その時間帯ごとに召喚される女の子の調子が違うので、4枚のカードから一番よさそうなのを選ばなければなりませんが、ここが難しい。
 一応その時間に何をしているかのヒントとなる言葉が表示されるのですが、曖昧でよくわかりません。「Life live」が入浴だとは思わないじゃん・・。
 召喚できる女の子は20人ぐらいいて、それぞれ描いている絵師の人が異なります。そして人気声優の人がボイスを入れているので、戦闘中は結構いい感じで楽しめます。もちろんこの子たちを攻略できそうな気配は無いですが・・。さらにアニメ絵とドット絵で肌の色が違う子がいたりするのもちょっと。マイケルなのですか?

■500円なら丁度いいかな?
 ストーリーは一本道で見るところは少ないですが、自分のお気に入りの子を見つけてバトルで活躍させるのは楽しいですね。時間の目押しがある程度できるようになるとバトルも楽になります。序盤の難易度はそこそこ高い気がしますね。名作でも迷作でもなく普通、というのが感想ですね。やっぱり1990年代っぽさは否めないし。
posted by ゲームギーク at 18:43 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月29日

テイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2 Amazonで予約開始!

B001C9Y7YSテイルズ オブ ザ ワールド レディアント マイソロジー 2
ナムコ 2009-01-29

by G-Tools



posted by ゲームギーク at 06:39 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月24日

リラックマWiiAmazonで予約開始。

■予約開始
リラックマWii(2009年1月発売予定)リラックマWii(2009年1月発売予定)

エム・ティー・オー 2009-01-31
売り上げランキング : 2338

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ゲームギーク at 06:07 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月17日

「ゲマママ」ゲーム系4コママンガレビュー

4840241295ゲマママ (電撃コミックス EX 4コマコレクション)
野月 楓
メディアワークス 2007-11

by G-Tools


■こんなマンガです
 ゲーム好きな女子高生”七海優”の元に宇宙人がやってきた!ラビと名乗るその宇宙人は「ゲームをさせろ!」と要求。こうして優とラビの奇妙なゲームライフが始まったのだった。
 とまあ始まりはこんな感じ。主人公の七海優は普通の女子高生ゲーマーで、SRPGとかが好き。スパロボとか。
 一方なぜか生活に溶け込んでいる宇宙人ラビは、なぜか日本のアニメや萌えに詳しい。対戦できるゲームがお好きなようで、優に購入をせがむことも。
 活動の舞台は家にとどまらず、学校でも友人とゲームの話をするようになる優。新しく出来た友達の神山沙由はロリ系で、好きなゲームはロボ系とマニアック。しかもアクションが苦手ときた。
 彼女達のクラスの担任ももちろんゲーマー。授業<ゲーム。
 優の母親はゲームをやらないが、対戦モノでは無敵という、どう見てもニュータイプなお方。
 結局周りに振りまわされっぱなしの優だった。

 基本はラビがボケて、優が突っ込むというのがパターン。そのほか個性的過ぎる友人たちの処理も担当する優。結局あまりゲームしてないのでは?

 毎回出てくるパロディネタなんかも本作の楽しみの一つかな。ちなみにラビは作者の分身らしいです。・・えっ!

                                
■このマンガが好きな人にオススメ
USA (電撃コミックス EX 4コマコレクション)

家族ゲーム (Dengeki Comics EX―電撃4コマコレクション)
posted by ゲームギーク at 04:20 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月14日

週刊ファミ通2008年10月24日号

■ゲームレビューをレビューしちゃいます
●DS
タイトル名 アウェイ シャッフルダンジョン
点数 31 銀殿堂
コメント 8・8・7・8点と安定して高い評価を得ているのが好印象。レビューの言葉でもアクションとパズルという言葉が多く登場しているので、パズルの謎解き要素+アクション要素という部分が面白いという評価につながっている。
 物語についてはコアは王道ながらも、急展開もあり、全体にテンポがあるという評価。
 細かい不満点は、秒数などの表示がみにくい、上下の往復が忙しいなど。
 全体としてはしっかりじっくり遊べるゲームという評価。

タイトル名 なぞなぞ&クイズ一答入魂Qメイト!
点数 21
コメント  5・6・5・5ど評価が低いのが気になる。子供向けのクイズゲーム。
 問題の収録数は多く、ジャンルも幅広いですが、いかんせんテンポが悪いという評価が目立つ。オンラインの対人戦はともかく、一人プレイでもCPUの回答を待たなければいけない。
 そのほか、改善点しか見当たらない厳しいレビューしか見つからない。

タイトル名 カルドセプトDS
点数 33点 金殿堂
コメント  9・7・8・9と高い評価を受けている、さすが人気シリーズ。対人戦の快適さやテンポのよさを上げるレビューが多く、ストレスは少ない模様。私もTGSでプレイしたが、テンポ等に不満が出るようなことはないかと。
 マニュアルをいつでも見られるという評価や、セーブが長いという評価も。
 全体としては非常に洗練された印象を受ける。シリーズ未体験の人はカードやルールを把握するのに時間がかかるかもしれないが是非。

タイトル名 ヤッターマンDS2 ビックリドッキリアニマル大冒険
点数 26
コメント  7・6・6・7というのはこの手のゲームではまあまあの評価。小学生向けのゲームということで、難度はそこそこ。
 ヤッターマンお約束の演出や適度なギミックは高評価で、クリア後のボーナスモードやおまけモードも評価する声があった。
 その反面、低い位置の敵が攻撃しにくい、などのアクションに対する不満も目立つ。
 そこそこのゲームという印象を全体として受ける。原作アニメファンなら買ってもいいかと。


●PSP
タイトル名 勇者のくせになまいきだor2
点数 34 金殿堂
コメント  9・8・8・9とすばらしい評価を得ている。偶然性と戦略性の絶妙なバランスや、コツをつかんだときのスピード感の心地よさなど、絶賛されている。
 演出面でも、魔王の変な会話やパロディが盛り込まれていて、あきさせません。
 前作を正統に進化させた本作、期待できますね。


●PS2
タイトル名 カヌチ 白き翼の章(特別限定版)
点数 23
コメント  6・6・5・5と微妙。特にゲームオーバーの条件が不明な点や、テンポの悪さを指摘する声が多い。
 お目当ての武器を作成するには片っ端から合成しないといけない、素材集めも逐一セーブしないと不安など、システム面はボロボロ。
 物語は丁寧に描かれているだけに残念。全エンディングクリアーまで210時間とはどうかしているレベル。1日4時間プレイしても52.5日かかる。


●Wii
タイトル名 スカイ・クロラ イノセン・テイセス
点数 32 金殿堂
コメント  8・8・8・8とい抜群の安定感。人を選ばないソフト。ヌンチャクを操縦桿に見立てた操作も違和感なしで、原作の雰囲気もよく再現されている。
 敵の背後に回る新システムのおかげで、手軽に楽しめるという点も良い評価につながっている。
 全体的にエースコンバットと変わらないというコメントが多いので、シリーズファンは安心して購入できる。

タイトル名 大怪獣バトル ウルトラコロシアム
点数 29
コメント  7・8・7・7とまずまずの評価。ゲーム性は単純だが、ウルトラQ以降の怪獣が登場するので、幅広い層が楽しめる。
 ゲームとしてはかなりシンプルで、後半は作業間が否めない模様。怪獣達の必殺技は迫力大で満足できる様子。


●PS3
タイトル名 フェイスブレイカー
点数 21
コメント  5・5・4・3と酷評。3って。対戦が単調でぱっとしないのが致命的。やる気が持続しない、CPUが強いなど不満だらけ。
 買う勇気は無い。


●XB360
タイトル名 フェイスブレイカー
点数 21
コメント  5・5・4・3と基本はPS3版と変わらない。ロードはこっちの方が早い。


●PS2
タイトル名 機動戦士ガンダムOO ガンダムマイスターズ
点数 24
コメント  6・6・6・6とがっかりな評価。隠し機体や書き下ろしアニメ、フルボイスなどファンのお楽しみ要素は充実。
 問題は戦闘の単調さ、展開が変わらないのでどうしようもない。
 アクションは作業と割り切れる人は買ってもいいかな


■USER'S EYEをチェック
零 ~月蝕の仮面~
 ここが○の1位は「臨場感がある」、2位が「ストーリーがいい」、3位「演出がいい」。和風ホラーとしてちゃんと評価されている。どう緊張感を煽るかというのかが、ホラーのポイント。
 ここが×の1位は「動きが遅い」、2位は「あまり怖くない」、3位は「操作性が悪い」。動きの遅さは味ともいえる。恐怖から逃げるのに、動きが遅いのは逆に怖さが増す。ただ、2位のあまり怖くないというのはちょっと。シリーズものなので、慣れてしまうのかも。操作性はWiiなので。読者の平均点は8.50と高い。

ソウルキャリバーIV(PS3)
 ここが○の1位、「グラフィックがきれい」。2位は「キャラクターの数が多い」。3位は「キャラクターが魅力的」。格闘ゲームとしての映像表現はかなり評価されたみたい。ただ、ゲーム性について触れられていないのは気がかり。
 ここが×の1位、「ストーリーモードが短い」。2位は「難度が高い」。「技が出しづらい」。2位と3位はシリーズファンにも対応していくとこうなるのでしょうがない。難度は高いものです。ストーリーモードの短さは改善して欲しいなと。
 読者平均が9.15と高い。

ソウルキャリバーIV(XB360)
 ここが○の1位、「グラフィックがきれい」。2位が「キャラクターの数が多い」3位は「オンラインの対戦がアツイ」。3位のオンラインの対戦に対する評価はXB360のネット環境のよさに起因すると思われる。
 ここが×の1位、「ストーリーモードが短い」。2位は「文字が小さい」。3位は「技が出しづらい」。文字が小さいというのは表示の問題かな。

週刊ファミ通 2008年10月24日号
タグ:ファミ通
posted by ゲームギーク at 01:44 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月08日

ワールドサッカーウイニングイレブン2009 新モードの情報

『ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009』ふたつの新モードを紹介(ファミ通.com)より


●ビカム・ア・レジェンドモード

 ウイイレクラブチャンピオンシップにおけるファンタジスタモードの改良版という印象。一人の選手を操作し、欧州の舞台で活躍することを目指す。

●レジェンズ・モード
 ビカム・ア・レジェンドモードで作成した選手を用いて、オンラインで最大4人までの協力プレイが楽しめる。連繋プレイが評価されるので、ボイスチャットなどで意思疎通を図ろう。

ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009ワールドサッカー ウイニングイレブン 2009

コナミデジタルエンタテインメント 2008-11-27
売り上げランキング : 39
おすすめ平均

Amazonで詳しく見る
by G-Tools

posted by ゲームギーク at 09:26 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

428〜封鎖された渋谷で〜インタビュームービー

セガ・チュンプロジェクト公式ブログ「金のしおり」より

 セガ・チュンプロジェクト公式ブログ「金のしおり」でWiiで発売されるサウンドノベル「428 ~封鎖された渋谷で~」の最新プロモーションムービーを見ることができます。

 
タグ:Wii AVG
posted by ゲームギーク at 08:48 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月06日

赤川次郎 夜想曲2 鬼畜AVG

■鬼畜アドベンチャーゲーム現る
 ミステリーとか結構好きなので、今回もアキバのレトロゲームショップで適当に見繕っていたら、発見したのが本作、「夜想曲2」。
 説明書を適当に読んで、早速プレイ開始。説明書によると、本作にはミステリーチップなるシステムが搭載されていて、文章中に何か感じたら、△を押すことで別の分岐にいける可能性があるということ。見えない選択肢と表現されている。しかも1つのストーリーにつき、6回までしか使えないので、乱発できません。
 最初のプレイでは、とりあえずバッドエンドに・・。何も気づけませんでした。
 気を取り直して2回目のプレイ。ここで驚愕の事実が!テキストスキップができない!あわてて説明書を読むと。「3つのEDを見るまでスキップできない」とのこと。なんじゃそりゃ。3回やり直さないとスキップさせないなんて、ずいぶん鬼畜じゃないか。
 しかも、オートセーブ機能のおかげで、選択肢の直前でセーブができない=選択を間違えたら最初から。
 ということで、このゲームをプレイすると赤川次郎先生が憎くなっちゃうぐらい鬼畜なシステム。おそらく、今ファミ通でレビューされたら、ボロクソに言われるだろうな。

■DS版をぜひ
 そんなシステムなので、まともにクリアしようなんて心をめっきり折られてしまいました。
 攻略サイトを調べていたら、DSに移植されていることを発見。赤川次郎ミステリー 夜想曲 ~本に招かれた殺人~の方は、システムもまともになっているみたい。だけど、私から言わせてもらえば、鬼畜アドベンチャーだからいいのに、何をちゃんとしているのだ。このゲームから前述のシステムを取り除くと、普通の推理小説が残るだけ。
 マゾな人はPS版を、暇な人はDS版をといったところ。
 ゲームの内容は普通。別に感動とかしない。まだ1話しかクリアしてないけど。
 ああ、あと前作夜想曲の方を先にプレイするべきでしたね。話がつながっているらしいので。
posted by ゲームギーク at 23:41 | Comment(0) | その他の記事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。